sたまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。

テーブルと椅子

3月も後半ですね。いよいよ春到来。
自宅近くの善福寺川緑地公園の桜も、徐々に色づき始めて。
こちらは3/24に撮影。

桜

昨年10月下旬に店舗をオープンしたこともあって、暖かい季節の営業は初体験
寒さを凌ぐためほとんど締め切っていた扉を大きく解放すると雰囲気が劇的に変化
店内とテラスの一体感が増し、珈琲を飲まれるお客さまとの距離がぐっと近づく。

ある土曜日の夕方。
テラスの気持ち良さを実際に体験してみようということで、
たまこさんと2杯の珈琲を淹れてテラスに着席
まだ、少し肌寒かったけれど、大きく解放されたドアから覗く店内は
これまでよりもぐっと近く感じられ、ボサノバも心地いい音量

この空間、妙に癒されるなぁと実感。

きっとお客さまも同じように感じ、気に入っていただける方も多いのでは
そう思った瞬間に大きな問題に気づく。それは椅子とテーブルの少なさ
テラスには作り付けのベンチがあり、大人4人が座るので精一杯。
お客さま用のテーブルは1つかないのでお客さまが2組になった瞬間にテーブルがない

Yahooオークション、家具屋さんのサイトなどを検索するも、
これと思える椅子やテーブルに出会えず。春は日に日に近づいてくるのに。
焦る気持ちを抑えつつ、納得できるものを探し続ける

そんな状況に幸運が舞い降りる。しかもほぼ同時に。

まずはテーブル
たまこさんの実家で使っていたものをお借りできることに
何を隠そうオープン時から使っている2つのテーブルは、
たまこさんの実家からお借りしているもの。
1つはお客さま用テーブル、もう1つはメニューなどを置くテーブルとして。
今回さらにもう1つをお借りし、合計3つに
デザインもまったく同じ折り畳みテーブルなので、お店にもピッタリ

次に椅子
たまこさんが通う三茶のヨガ教室の外に
何気なく置いてある椅子がイメージにぴったりという、たまこさん情報。
早速、自分も足を運び、その椅子を拝見

先生にどこで購入されたかなどを聞いて、それに近いものを購入しようと
思っていたところに、先生から「それ持っていっていいよ。」というお言葉。
そこまでは甘えられないと心の中で思いながらも、
この椅子をテラスに置いた雰囲気をイメージし、自分の中で葛藤、葛藤
どうしたら良いかと悩むこと数分。
先生のご厚意に甘えちゃいけないという気持ちは、
この椅子をテラスに置きたいという気持ちにあっさり敗北し、
「先生、ありがとうございます。お言葉に甘えます。」と発言する自分が・・・。

このお礼は別の機会に何かできっちりしよう
そう自分に言い聞かせ、自分の判断を一生懸命正当化

少し高さの異なる2つの椅子を抱え、田園都市線で渋谷、井の頭線で西永福駅へ。
暗くなってきた店舗に明かりを灯して椅子を置いたのがこちら

椅子

いま置いたばかりの椅子が、何年も前からここにあったような一体感
その椅子に座って、押し寄せる嬉しい気持ちを深呼吸しながら落ち着かせる。
次第に、ゆったりした気持ちとなり、妙にリラックス
普通の椅子よりも、気持ち低い高さが不思議な癒しを与えてくれるような。

これが最近起こった、テーブルと椅子の奇跡

ご来店いただくお客さま、テーブルと椅子がこのような奇跡で増えました。
より快適に過ごせるようになったテラス空間ができあがりましたので、
天気の良い日にこの空間での癒し時間をを是非お楽しみください

多くの方に支えられて、たまじ珈琲が運営できていることに心から感謝
感謝、感謝でが8回も登場した今週のブログはこのあたりで。

ではでは