たまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。i

震災支援(宮城県)

3月22日(金)~23日(土)に珈琲による震災支援で
宮城県七ヶ浜中学校に行ってきました。今週のブログはその様子を紹介しますね
22日(金)の午前中は今回の支援用珈琲をどっさり2.6kg(約300杯分)を持ち帰り
それがこちら
coffee
お昼過ぎに東京を出発。外環から東北道をひた走ること約350km。
渋滞もなく快適に走ってきた最後の最後で事故渋滞
それでも30分程度で抜けることができ、本日宿泊する旅館に19:00到着。
東京から約6時間の旅。久しぶりの運転だったので夜はどっと疲れて深い眠りに
朝から露天風呂に入って、気合を入れて今回のイベントをアレンジしてくれている
NPO団体の七ヶ浜町ボランティアきずな館に向かう。
前回伺ったのが2011年5月なので、2年弱ぶりに足を運んだ七ヶ浜町は
津波による瓦礫は綺麗に片付けられ、何もなかったかのよう
塩害により住居にできない地域は公園に、まだ1年以上かけて土壌の回復作業を。
一見、進んでいるように見える復興も現地の方々の話しを聞くとまだまだ
その中でも七ヶ浜町は他の地域に比べれば進んでいるとのこと。
そんな話を聞きながら、自分は自分にできる支援活動に集中することに
23日(土)13:00過ぎに七ヶ浜中学校内にある仮設住宅の集会所に到着。
すでに足湯と珈琲イベントを楽しみに集会所に集まってくれた方々。
急いで準備にとりかかる
珈琲を淹れる準備を進めていると足湯コーナーが賑やかに
その様子がこんな感じ
ashiyu
皆さん、いい笑顔
NPOの皆さんの丁寧で温かい表情が印象的。
自分も、心を込めておいしい珈琲を作らねばと気合が入る
珈琲を淹れてる様子がこんな感じ
畳の部屋で裸足で淹れてる感じが家にいるようで妙に落ち着く。
drip
淹れた珈琲、プチグレースさん+たまじ珈琲の焼き菓子を皆さんに提供して、
楽しんでもらっている様子がこんな感じ
ashiyu2
いろんなところから「珈琲、おいしいよぉ。」と呟く小さな声が聴こえる。
いつも感じるが、この瞬間、本当にこの仕事をしていて良かったと思う
珈琲という道具を借りて、人を喜ばせることができる。
味やサービスをもっと追究して、ひとりでも多くの人に喜びを感じてもらいたい。
あっという間の2時間が経過し、足湯と珈琲イベントが終了。
最後にNPOの皆様に珈琲を味わってもらう。
このイベントの参加しなければ一生出会うことがなかったであろう人との出会い
お互いに詳しく自分を語ることはなくとも、同じ目的で出会い、活動することで
不思議なつながり、絆というものを感じる
16:00過ぎに仮設住宅を後にして、向かうは東京。でも、その前に
自ら現地を訪れて、楽しむこと、贅沢することが被災地にとっての最大の支援という
NPOの皆さんからの言葉をもらい、実践することに
相談の結果、迷わず向かったのが塩釜にあるお寿司屋さん
数ある有名店の中から宿泊した旅館の方から勧められた「しらはた」に決定
かなり遅い昼ご飯をいつもより贅沢に注文。
特上の1人前を食べた後で追加したネタがこんな感じ
sushi
ホタテ、つぶ貝、車エビ。
言うまでもなく写真から伝わる美味しさ
中でもホタテはこれまで食べたことのないネットリした甘さが最高
sushi2
お店の方から勧められたのが日本一の「赤貝」
1つの赤貝から身と紐の2貫。味も日本一だけど値段も日本一。こちらで1,600円
魂が抜けるような味とはこのこと
心地よい疲れと、贅沢な味わいに満足し、余韻を楽しみながら一路東京へ
自分たちにできる支援活動。
本当に小さなことだけど、忘れずに継続していくことが大事だと自分は思う
NPOの皆さん、今回もありがとうございました
また必要な時には声をかけてください。
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.03.30

身近なブラジル

2012年8月、夢だったブラジル旅行。まさに珈琲の聖地を体験
ブログでも、3週にわたってその様子をお伝えしてから半年以上が経過。
今でも鮮明に焼き付いているブラジルの街並み、珈琲農園、子供たちの笑顔、食事・・・
ブラジルが懐かしくて時間を見つけては実行している都内でのブラジル探し。
今週のブログは、そこで見つけた「身近なブラジル」をつらつらと
最初は「フェジョアーダ」。豆と豚肉、牛肉を煮込んだ料理。
土曜日のランチに食べるのが一般的。その日の夕食はなし
正確には「なし」というより、ボリュームが凄すぎて夕食を食べられない
brasil_food
付け合せで一緒に食べる「コウヴェ」がうまい。
青汁で有名になったケールのことで、細切りにして炒めてある。
「フェジョアーダ」と「コウヴェ」を交互に食べる、この組み合わせが絶妙
次は音楽。ブラジル音楽と言えば「ボサノバ」
ブラジル旅行以来、家で聴く音楽はボサノバだらけ
そんなボサノバが生演奏で聴けるという話しを聞いて、早速行ってみた
吉祥寺にある「武蔵野倶楽部」
20時からの生演奏に合わせてお店に足を運び、好きなアルコールを飲みながら
どっぷりとブラジルに浸る。そこで演奏していた方が「西澤沙苗」さん
彼女のオフィシャルサイトがこちら
オフィシャルサイトからプロフィールも合わせて紹介。
 西澤沙苗さん
http://sanaenishizawa.com/
東京都出身。ボーカル&ギター&ソングライティング。
大学のラテン音楽系サークルで、ボサノバをはじめとするブラジル音楽の魅力を知る。
卒業後、演奏活動スタート。ライブハウス、レストラン、カフェ、イベントなどで演奏。
サンパウロ在住のギター製作者、杉山重光さん主催のギターレッスンツアーに参加
Valdo Gonzaga 氏に師事。ブラジル5都市を遊学。その後、サンバベースの父、
Luizao Maia 氏のバンドで約2年間歌い、経験を積む。

しばらくの充電期間を経て、2004年から演奏活動を再開。
2009年8月10日1st.アルバム“虹色の音”リリース。

やっぱり生演奏は違う
うまく言えないけど、体の内側からブラジル旅行の懐かしさがこみ上げてくる
目を瞑って聴いていると、ブラジルの光景が目に浮かぶ
アクセスばっちりの吉祥寺ということもあり、
ブラジルが恋しくなったらここへ足を運ぶことに。
素敵なお店との出会いはなんだか得した気分がするもんですね
最後は、散歩が楽しい谷中にある喫茶店「ボッサ谷中」
オフィシャルホームページに記載されているコンセプトも合わせて紹介。
 谷中ボッサ
http://www.yanakabossa.jp/
ボッサ(BOSSA)とはポルトガル語で「こぶ」や「隆起」、転じて「波」や「流れ」「傾向」
という意味を持ちます。谷中という魅力あふれる町で、小さくても新たな潮流を生み出したい。
わたしたちは「谷中ボッサ」にそんな気持ちを込めています。

こちらのお店でとにかく興味を持ったのがランチメニュー。
ブラジルのヴィトリアという街で初めて食べた「ムケッカ」がいただけること
「ムケッカ」とは、ブラジルの中でも北部地方の煮込み料理の総称。
煮込み料理でありながら水は使わず、シーフードと野菜と油だけで煮るのが特徴
これをブラジル米にカレーのようにかけて食べる。
カレーとシチューの中間のようなもので、これも嵌る
ネットで「ブラジル料理」を検索すると、都内でもかなりの店舗数が存在
その中でもブラジルが好きだぁ~というオーラを発しているお店や人に惹かれる。
自分が感じるブラジルの魅力って、オーラというか活気みたいなもの
日本人が失いかけている熱さみたいなものをみんなが普通にもっていて、発している。
生きてることを心から楽しんでいる。その日を一生懸命生きている。
日々の生活で自分が疲れてるなぁ~と思う方がいたら、
都内でできるブラジル体験、おすすめですよ
体験終わった後は何だか元気になってるはず。
試した方はオーナーまで連絡を。
ブラジル情報もお待ちしてます
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.03.23

珈琲本

今週は、「珈琲本」と題してつらつらと。
ふらっと本屋に立ち寄り、タイトルに珈琲とかコーヒーとか書いて本を見つけると
中身も読まず、購入する自分。生まれて初めて収集しようと思ったのが珈琲本。
目的の本を探しに行くのではなく、あくまでもふらっと入った本屋で出会うのが基本
ところが今回ばかりはちょっと違う。
たまじ珈琲のお客さまでもあり、営業を手伝ってくれているKさんからの紹介。
Kさんがたまたま本屋で見つけた本を見せてもらい、とにかく欲しくなって購入。
それがこちら
brog_book_tokyo_cafe
著者は川口葉子さん。どんな方かと調べてみると
+++++
ライター、喫茶写真家。Webサイト『東京カフェマニア』主宰。
著書に『東京カフェを旅する』(平凡社)、『京都カフェ散歩』(祥伝社)、
『カフェとうつわの旅』(青山出版社)ほか多数。
雑誌、Web等でカフェやコーヒー特集の監修、記事執筆多数。
+++++ (出典:ALL Aboutプロフィールより)
カフェの専門家ですね。文書もさることながら写真が素晴らしい
紹介されているお店に、つい足を運びたくなる。
中でも気になったのが毎週通っている三軒茶屋にあるヨガから徒歩5分にあるカフェ。
名前は、「MOON FACTORY COFFEE」。
それがこちら
brog_book_tokyo_cafe2
こちらの女性オーナーが目の前で淹れる珈琲を味わいたくて
ヨガ~ランチ~カフェという流れで足を運ぶ
まず、苦労したのがお店を見つけること
場所(ビル)が見つかったのに入るところが分からない。
諦めて帰りかけたところ、そのビルのポストのメモ書きを発見
「MOON FACTORY COFFEE」へお越しの方は裏口の階段へとの案内。
ぐるっとビルを回ってみると、細くて、危なっかしい階段の下に小さな看板を発見。
思わず「ここかぁ」とつぶやきながら、恐る恐る階段を上る。
2階にある店内は上がってきた階段とはまったくイメージが違う、ゆったりした空間。
常連さんらしき方々が各々の時間をゆったり過ごしてる
本で発見した女性オーナーがひとりカウンターの中で忙しそうに動き回る。
珈琲を淹れる姿を真正面から見れるカウンター席が空いていたので迷わずそこへ
メニューをみて、また唸る。ストレート珈琲のメニューが渋い。
自分が大好きな「トラジャ」がある。
さらに今月の珈琲が「ルワンダ」と聞き、そちらと手作りチーズケーキを注文。
「トラジャ」はインドネシア産の珈琲で、
深緑がかった生豆の色から「珈琲のオパール」と呼ばれている。
しっかりしたコクと綺麗な苦味を味わうなら深焙煎。苦味と酸味を味わいたいなら中焙煎。
こちらのお店では深焙煎
目の前で丁寧に抽出される珈琲をみながら、店主の珈琲への愛情を感じる。
目の前に出された2杯の珈琲を飲み比べながら、
同じ珈琲でもこんなに香り・味わいが違うものかと脅かされる
20分ほどかけてゆっくり飲むことで、冷めて感じる甘さとまとわりつく余韻を楽しむ。
贅沢な時間とはこういうこと。
やっぱり人に淹れてもらう珈琲はおいしい
川口さん、素敵なカフェを紹介いただき、ありがとうございます
お蔭で素敵な週末時間を過ごせました。
そんな言葉を伝えたい気持ちでお店を出て、いつもの1日20,000歩に向けスタート
忙しい毎日の中で、こんな週末っていいですよね。
皆さんも素敵なカフェご存知でしたら、こそっと教えてくださいね
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.03.16

たまじ陶器

3月3日雛祭り
男性には無関係ですが、何となくお祝いムードのこの日。
久しぶりに軽く寝坊(8時起き)して、朝の珈琲を飲んでいるとチャイムが鳴る。
モニターには宅配便のお兄さん
ちなみに珈琲は、先月から販売開始した新製品「ゆったりブレンド」。
たまじ珈琲のコンセプトである「ゆっくり・ゆったり」を味にすると
こんな感じということで投入した新商品。お客さまの評判は上々
話しを戻して、宅急便の続き
待ちに待った郵送物が来たと思わず、大きな声で「どうぞ」と叫び、開錠。
エレベータを上がってくる宅配のお兄さんがいつもよりも遅く感じながら
玄関で待つこと数十秒。
足音が近づきチャイムが鳴った瞬間にドアを開けてお出迎え
お兄さんも、早く開けすぎたせいか、驚いた表情
そんなのお構いなしに代引料をさっさと払って、荷物を受け取る。
部屋に持ち込んで早速開封。割れ物だから慎重に、慎重に
取り出したものはこれ
たまじ陶器
まず目についたのが、たまじ珈琲のキャラ。
シンプルなクリーム色の上に、見事に描かれてる。
手作りの優しさと温もりがじんわり伝わる。
この陶器、昨年末にたまじ珈琲を販売いただいている
ルピシア・ボンマルシェの木更津店さんに試飲会でお邪魔したときに注文した品
販売しているものではなく、店員さんが趣味で作られている陶器。
店内でその方が陶器を普段使いしている姿をみて、
羨ましくなり無理を言って作ってもらうことに
普段使いするつもりで注文した陶器。
実際に届いてみると、もったいなくて使えない
この世に1つしかないものだけに、壊れることを考えたら・・・
迷わずこれは、お店においてオブジェにすることに決定。
お店とは・・・
ブログでちょこちょこ紹介しているたまじ珈琲の店舗
現在は、9月オープンを目標に店舗探しを開始したところ。
場所は荻窪~高円寺あたりで物色中
住宅物件とは異なり、希望する店舗物件を探すのは大変
先週ブログに書いた住宅以上に、まさに縁とタイミング。
いろんな方にお願いして、いまは希望する物件情報が来ることをただただ待つ日々。
なんでも、良い店舗物件を見つけるには自分の足で歩いて、
候補物件を見つけ、不動産屋に出る前に直談判が大事とか。
この候補物件を見つけることが、まさに縁とタイミングかと。
まずは4月に住居を引っ越した後、得意の街歩きで店舗探しに取り組むことに
9月のオープンに向け、乗り越えなきゃならないハードルは山積み
こういう時こそ、「ゆっくり・ゆったり」と自分に言い聞かせ、
一つ一つを確実にクリアすることに専念。
今回いただいた「たまじ陶器」。
オープンした暁には、お店の一番目立つところに置くことに
この陶器が醸し出す「優しさ」と「あったかい温もり」が
感じられるようなお店になるよう願いを込めて
手作りって本当にいいですよね。
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.03.09

物件探索

2013年も早くも3月。
例年以上に厳しかった寒い冬もやっと和らいできましたね
3月と言えば、桜。卒業シーズン。べたに言えば分かれと出会いのシーズン
かくいう自分も気に入った物件が鋭意探索中で、来月に引越予定
住み慣れて愛着が湧いてきた早稲田という街を離れるのはかなり寂しいけれど、
これまでよりも日当たり・水回り・収納スペースがするであろう新生活は今から楽しみ
今度住む街は、自分が中学生から10年以上も生活してきた杉並区。
中学2年生でこの街に引っ越してきたときの第一印象は畑が多いなぁ。
ストレートに言えば田舎に引っ越してきたなぁと
中学、高校、大学と大人の階段を上るに従い、
畑は家やマンションに変化し、なんだか立派な住宅街に
畑がいっぱいだった時代から30年が経過した現在の印象はどっしりした住宅街。
昔の田舎っぽさも好きだったけど、今のどっしりした街を気に入ってる
なんか帰ってきたなぁという感覚。
今回の引越にあたって拘った点。
それは、以下の3つ
 日当たり
 水回り
 収納スペース
最初の「日当たり」
理想としては、外が暗くなるまで電気をつけなくても
を読めるぐらいの明るさを太陽からもらえるような
どんなに便利な場所に、どんなに素敵な家でも、日当たりが悪ければ自分はNG
何だか気分までどよ~んとしてくる気がするから。
2つめは「水回り」
食べることが大好きな自分は最近は料理に嵌ってる
詳しくは以下の「趣味」と題したブログをご覧あれ
http://tamajicafe.blog38.fc2.com/blog-entry-216.html
サラリーマン時代においしいお店に数多く行けたこともあってか、
外食への感動や憧れが薄れてしまった今日この頃
もっぱら家ごはんでテンションが上がり、ワクワクする日々
さらに楽しむためにキッチンは重要。調理スペースが広いこと、コンロが三口など
料理したいって思わせてくれるキッチン、いいですよね。
次に、風呂。1日の疲れをとるのに風呂は大事
風呂でチェックするポイントは「追い炊き機能」と「」。
両方ともクリアしてる物件はかなり少なかったけど、何とかクリアしたいところ。
最後に、トイレ。こちらはシンプルにウォシュレット希望
最後の収納スペース
これまで住んでいた早稲田は狭かったため、倉庫を別に調達
自宅から徒歩10分でとても綺麗な倉庫。
重宝したが、季節の衣替えをしようとするとこれが想定していた以上に重労働
天候が悪かったりすれば最悪・・・。
洋室にある「ウォークインクロゼット」、畳部屋にある「押入れ」、「屋根裏収納」など
いずれかの収納スペースをを確保したいところ
コーヒーグッズ・雑誌・本など、かなりスペースをとるのでかなり大事なポイント
住まいに拘るポイントは人それぞれですよね
今回、物件を探していて感じること。
それは拘るポイントが多すぎると、すべてが及第点となり、
凄く気に入ったではなく、何となく気に入った物件となってしまうこと
拘る点を2つか、3つに絞り込み、その条件をクリアしている物件を中心に、とにかく内見
5件も内見すれば、おおよそ希望する金額の中でどこまで望めるかが見極められる
(ある意味で諦めもつく
これらの中から1つに絞り込むときに迷う
迷うけど、最後は金額との睨み合い
一番安いもの真ん中あたり
お金を出せば良くなるのは当然。
どこまでの範囲で自分たちの趣味嗜好にフィットした物件に出会えるか、それが重要
内見の際に、営業マンの方々から何度も言われた言葉。それは、
「物件はタイミングですから。」
という言葉。心の底から納得
きっと想像もしなかったタイミングで出会った物件に決まるんだろうなぁという予感。
そんな物件との出会いも楽しみながら住まいを決定できればと
引越が完了して、落ちついたらその様子を改めて紹介しますね
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.03.02