たまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。i

2013夏

それにしても暑い。まだ7月下旬であと2ヶ月も夏が続くと考えると、今からぞっとする。
そんなことを考えながら、ふとベランダから見上げた空をパチリ
家空
茹だるような暑さとわかっていても、こんなに気持ちいい空をみたら家でじっとしてられない
真っ青で綺麗な空に誘われて、近くの公園に散歩へ
汗拭きタオルと水分を持って、いざ公園へ。
約30年ほど前にこの街に住み始めたときはこんなに川が綺麗じゃなかったなどと
思いながらキラキラと日差しが反射する水の流れを眺めながら、しばし散歩。
茹だるような暑さを覚悟していたけど緑いっぱいの公園の中は予想以上に涼しくて快適
木々による天然エアコンの風を感じながら、しばし快適な散歩を満喫。
すると、川を気持ちよさそうに泳ぐ水鳥を発見して思わずパチリ
鳥
夏の日差しが和らぎ、過ごしやすくなった夕方
運動後のビールに誘われて公園を出て帰途につく。
そんなときにふと見上げた空がこちら。
空
思わず立ち止まる。子供のころに田舎で見た空を思い出した
ちなみに、自分の田舎は名古屋。思い出した空は庄内川近くの空き地に寝転んで見上げた空。
夏休み(確かお盆のころ)に新幹線で田舎に帰って、川沿いの土手を親戚の子供たちと遊びまわった。
いままで一度も思い出したことがない光景をなんで思い出したんだろうとぼんやり
その思考が止まったあたりで別の考えが頭をよぎる
この曇ってまさに「うろこ雲」。自分の記憶が確かなら、うろこ雲は秋の空・・・。
子供のころに田舎に帰ったのはお盆あたりだったから8月中下旬。
夏の曇といえば「入道雲」とか「積乱雲
ボリュームがあってモコモコして。ソフトクリームや綿菓子のような
夏になるとテレビにくぎ付けになった夏の甲子園
テレビで映る甲子園の空は「入道雲」という印象が強い。
7月下旬に秋の空が見えるのはなぜ
その空を見て、子供の頃の夏休みを思い出すのはなぜ
そんな疑問を楽しみながら、帰途につく
軽くシャワーを浴びて、枝豆とビールを持ってテレビの前に。
スイッチをつけるとプロ野球のオールスターがはじまるところ
ベランダから吹き込んでくる夕方の風を楽しみながら、幸せな時間だなぁとしみじみ
あと2ヶ月も続く2013夏。厳しい暑さに苦しめられながらも何となく楽しめそうな予感。
そんな2013夏。数年後に振り返れば、忘れられない夏になりそう
理由は本年秋頃に、たまじ珈琲の店舗をオープンするから
自宅に珈琲作業スペースを作って何とかやってきたけど、そろそろ限界。
2008年にたまじ珈琲を運営開始して5年が経過。
ちょうど良い節目だと判断し、思い切って新しい焙煎機を購入し、店舗を持つことに。
店舗2.7坪、外スペース1.6坪の合計4坪ちょっとの小さな小さなお店。
注文を受けてから焙煎して販売するのみというシンプルなスタイル
外スペースに準備するベンチに座って試飲いただきながら、焙煎する3分間をお待ちいただく。
珈琲を選ぶ楽しみ自分の珈琲が焙煎される様子を見る楽しみが特徴。
全国のお客さまに提供している定期郵送サービスに加え、地元密着型の定期配送サービスも計画中
ちなみに、定期配送は最初は自転車。将来は超小型EV「コムス」
ちなみに、こちらはセブンイレブンの配達車として話題になった車
残り2ヶ月もある2013夏。
でも、お店の準備を考えるとあと2ヶ月しかない。
振り返ればあっという間に過ぎ去る2013夏を充実して過ごせるよう1日1日大切に
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.07.27

試飲会(あみ)

梅雨が明けたあとの猛暑
皆さんは体調など崩されずこの暑さを楽しまれてますか
自分は楽しむというより、やられてる感じ。大好きなウォーキングも歩数減少気味。
梅雨は梅雨で早く明けて欲しいと願いましたが、
猛暑は猛暑で何とかして欲しい今日この頃です。秋が待ち遠しい・・・
例外なく朝からぎらぎら太陽が照りつける午前中のこと。
宅急便で朝から大きな荷物が届く
伝票を見てみると、スイカという文字
たまじ珈琲のデザイナーの方が千葉のすいかを送ってくれると言ってたことを想い出す
現在の住居は玄関が1階、住居が2階なので腰を痛めないように気を付けてスイカを2階に運ぶ。
腰を気をつけなきゃならないほど大きいし重い
どんなスイカが顔を出すのか楽しみに段ボールをこじ開ける。
それがこちら
すいか
こ、こ、こんな大きなスイカ。久しぶりに見た
収穫前のスイカが畑でゴロゴロ転がっていた光景を思い出す。
猛暑にグダグダになりながらも、夏だなぁと感慨に耽った瞬間
四季が感じられるのっていいですよね。
さて、今週のブログはそんな猛暑の中で開催した珈琲試飲会について。
ほぼ毎月の恒例となってきたルピシア・ボンマルシェさん。
今回は「あみプレミアムアウトレット」にて。
11:50に東京駅八重洲南口を出発する高速バスで現地に直行
木更津店も同じですが、とにかく東京駅から直行する高速バスが早・安・楽
珈琲の試飲会に持参する荷物はかなり重いので寝てれば入口まで連れてってくれるバスは最高。
予定どおり13:00頃に到着。開始まで30分ぐらいあったのでもう1つのお目当ての買い物に
今回はT-Falさんで電動ポットを迷わず購入。あっという間に目的達成していざルピシアさんへ。
半年ほど前に伺っているので何名かのスタッフさんは顔見知り。
皆さん、温かく迎えてくれる。お店の入口には、試飲会の案内看板も。
猛暑の中でも自然と気合が入って珈琲職人モードのスイッチが入る
今回は水出しアイスを多めに準備し、様子をみながらホットを淹れる作戦
暑い中を買い物する方々に水出しアイスの試飲会やってますよ、
いかがですか~と声をかけると、
ひとり、ふたり、それにつられるように多くの方が押し寄せる
そんな皆さんに必死に珈琲を提供している様子がこちら
あみ試飲会
今回は試飲をお配りするというよりは、どんどんお客さまが自ら持っていかれる感じ
準備した水出しアイスは予定していた2時間を経過する前にあっという間に売り切れ。
味と手軽さを気に入って商品を購入されるお客さまの姿は見ると、嬉しさがこみ上げてくる
この瞬間があるから準備や仕込が大変でもやめられない。
いつものことながら、試飲会の2時間はあっという間に終了。
早・安・楽なバスの出発は16:20。試飲会終了後に飛び乗るようにバスへ
出発して5分もしないうちに夢の中へ
この疲れも試飲会独特のもの。立ち仕事をするせいで足・腰が疲れるのに加えて、
お客さまと接する間、気を張っているせいか終わった瞬間にドッと体が重くなる
ただ、この疲れ、嫌な疲れじゃないんですよね。
やり切った感があって、変な言い方ですが、癖になる
帰りは東京駅まで行かずに途中の浅草駅で下車。
浅草で遊んでいく体力はないものの、猛暑の中、浅草やスカイツリーを楽しんでいる
多くの皆さんの顔をみながら幸せのおすそ分けをいただき、今回の試飲会も無事に完了
8月はいよいよ「三井プレミアムアウトレット札幌北広島のルピシアボンマルシェ」にて開催。
開催日時は以下のとおりです。お近くにお越しの際には足を運んでみてくださいね
日時:8月25日(日) 14:00~17:00
場所:北海道北広島市大曲幸町3丁目7-6
http://www.31op.com/sapporo/shop/sap1720.html
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.07.20

ロブスタ

7月6日、東京も梅雨明け宣言がでましたね
そこからスタートした猛暑、猛暑、猛暑
特に七夕の7日は東京で35.9℃。自転車で床屋に向かう途中に陽炎が。
水分をまめにとってもクラクラする感覚がとまらない。
その上、運が悪いことに自転車がパンク。猛烈な太陽の下で自転車を引く地獄
iPhoneで必死に自転車を検索して近くにあることを発見。
昔ながらの街の自転車屋さんのパンク修理を眺めながら店内のクーラーでひとやすみ。
感謝の気持ちとして、次回の修理もここへ来るからねと心の中で店主に誓う
さて、そんな暑い日が続く今週のテーマは久しぶりに珈琲ネタで「ロブスタ」と題して。
珈琲の品種は大きくわけてアラビカ種とロブスタ種の2種類。
ロブスタは力強いという意味で、正確にはカネフォラ種。
ロブスタ種の特徴は栽培がしやすく病害虫に強いこと。
しかし、一般に風味(味)がアラビカ種より劣っているため価格は安価
世界の生産量は20~30%ほどを占め、主にインスタントコーヒーや缶コーヒーに使われたり、
アラビカ種に混ぜた利用が一般的
自家焙煎して販売されるストレートは基本アラビカ種。
たまじ珈琲でもこれまでロブスタ種の商品は今まで扱ったことなし。
ところが・・・。
最近では、加工方法の技術が進んでおいしいロブスタ種もあるとか
さらには、ロブスタ種の栽培のしやすさを利用し、
ロブスタ種の根幹にアラビカ種を接ぎ木して栽培する農園も増えているとか
徐々に興味が湧いてくるロブスタ種。
そんなある日。暑くなったこともあって、アイス珈琲用のブレンド珈琲を購入。
購入したのはオフィス近くのお気に入り自家焙煎珈琲店
そのブレンドの中にロブスタ種がブレンドされてることを発見
興味津々だったこともあり、店主に聞いてみたところ、
「ロブスタの苦さ、ワイルドさ、個性がブレンドでいいインパクトを与えるんです。」
早速、自宅に帰って飲んでみた。
飲み方は、ホットで淹れて氷で急冷したアイス珈琲と、水出しアイス。
ホットを急冷したアイス珈琲
飲みごたえのあるごつごつしたイメージのアイス珈琲。
ロブスタがいい仕事をしてる
ストレートでもいいが、牛乳とメープルシロップを入れたアイスオレにしたら最高
ロブスタの苦味がますます引き立つ。
水出しアイス珈琲
ロブスタの苦味を残しながらも全体的にすっきりした仕上がり
ゴクゴク飲めるアイス珈琲。ストレートで飲むなら、こちらがおすすめ
先週のブログでも紹介したとおり、
たまじ珈琲では7月からメキシコのオーガニック珈琲を販売開始
http://www.organic-space.com/hpgen/HPB/entries/10.html
運営開始から5年を経過し、新たな商品、新しいプロジェクトへの取り組みを
積極的に実施中
今回ロブスタに興味を持ち、出会ったことで新ブレンドで使うことを決定
ロブスタをどんな風に使うかを想像していると思う浮かんだのがなぜかドラマの配役
ロブスタはまさに主役を食う可能性がある名脇役。
これをどう使うかはプロデューサの手腕
そんな風に考えながら作り出す珈琲のブレンドは楽しい
ロブスタを抜擢したブレンドが完成したら、またブログで紹介しますね。
興味をお持ちいただいたお客さま、お試しくださいね
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.07.13

新プロジェクト

いよいよ7月ですね
夏の日差しを感じる日もありますが、まだまだ梅雨
趣味のウォーキング最中にもスコールかと思わず突っ込みたくなるような雨。
歩きながら傘を指すのは面倒。個人的には早く夏になって欲しいところ。
それにしても日本の気候が年々変わってきてるのは気になりますね。
天気の喜怒哀楽が激しくなっているような。
四季の移り変わりがなくならないことを祈るばかり
さて今週のブログでは7月1日からスタートした新プロジェクトの紹介をつらつらと
新プロジェクトとは・・・オーガニックプロジェクト
このプロジェクトは簡単に言えば、ナチュラル&オーガニック&無添加&国産ドライフルーツ
と厳選食材をWebで販売されている
オーガニックキッチン』とたまじ珈琲のコラボ
7月にスタートしたのは、『オーガニックキッチン』でのたまじ珈琲販売。
【オーガニックキッチン(たまじ珈琲)】
http://www.organic-space.com/hpgen/HPB/entries/10.html
オーガニックキッチンさんで販売いただく商品は3種類
オーガニックキッチン
たまじ珈琲で初の取扱いとなるオーガニック珈琲であるメキシコマヤビニックが主役
メキシコマヤビニックは焙煎度合を2つに分けているので好みに合わせてセレクト
酸味と苦味のバランスがお好きなお客さま:「焙煎3」
苦味とコクがお好きなお客さま:「焙煎4」
【メキシコオーガニック マヤビニック<焙煎3>】
http://www.organic-space.com/SHOP/TAMA0001.html
【メキシコオーガニック マヤビニック<焙煎4>】
http://www.organic-space.com/SHOP/TAMA0002.html
もう1種類はブラジルの「プレミアムショコラ」。
ナッツフレーバーの甘みとチョコレートのような香り、
ブラジルの大地で育った魅惑的なストレート珈琲。
珈琲がちょっと苦手という方でもストレートでお楽しみいただけるのが特徴
【プレミアムショコラ】
http://www.organic-space.com/SHOP/TAMA0003.html
今回のプロジェクトは思い返せば不思議な縁で実現されたもの
3月頃に関係者で顔合わせして、5月下旬から準備を開始し、約1ヶ月でスタート
高校の文化祭準備のような忙しさとワクワク感を感じながら、
振り返れば大変だったけど、とても充実した時間に
自分たちが感じられたこの楽しさが完成したWebサイトからも伝わってくるような
お客さまにもそれが伝わって、ひとりでも多くの方にオーガニック商品とたまじ珈琲を
一緒に楽しんでもらえたらと。
サービスや商品へのご感想、お待ちしております
今週のブログはこのあたりで。
ではでは

日記 2013.07.06