たまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。

お店グッズ

本日からGW突入ですね
今年は暦どおりで行けば、飛び石連休と後半が4連休ということで、
GW期間は長いものの、連休という意味では短めという方が多いのでは
なかには28日、30日~2日をお休みとられて11連休という、
社会復帰が難しくなるような長期休暇を楽しんでいる方もいらっしゃるんでしょうね。
何ともうらやましい限りです

さて、たまじ珈琲のGWはと言えば・・・。
母の日ギフトが近いこともあり、5月6日(火)のみをお休みとさせていただこうかと。
西永福界隈にお越しの際にはふらっと遊びにいらしてくださいね

さて、今週のブログはそんなGWを前に「お店グッズ」が充実したので、そのご紹介を

まずは、焙煎中に珈琲を飲みながらお待ちいただくベンチの隅に置いてある珈琲本
これまでは珈琲雑誌を5~6冊だけをおいてましたが、
春になってからベンチに座るのが気持ちいい季節になってきたせいか、
雑誌を手に取られるお客さまが増えたような
そこで、珈琲にまつわる専門書籍も加えたのがこちら

本

現在10~15冊ぐらいでしょうか。

他にも、タイトルに珈琲が入ってたり、その小説の舞台がカフェ・喫茶店で
珈琲が大事な役割を果たしてるような珈琲小説が10冊以上あるので、
さらに増やすときにはこれらを持ち込むことに
珈琲小説を持ってくると続きをベンチで読むだけじゃなく、
家に持ち帰って読みたいお客さまもいらっしゃるのではと
そうなると、図書館じゃないんですが、本の貸し出しも考えようかと。
そんな空想も楽しみながら、ゆっくりと充実させていきますね。

珈琲本、趣味として収集してますので、本屋さんやネットで見つけた方は教えてくださいね

次にご紹介するお店グッズは
珈琲の生豆袋を使って作られている鞄。それがこちら

鞄

いい感じの使い込まれ方、疲れ具合で、お店の雰囲気にもピッタリ
どこに飾ろうか悩んだ末、アンティーク照明にそのままぶら下げることに。
ライトをつけない昼間の姿もいいんですが、
夜になってライトを灯したときに、ぼんやりと鞄が浮かび上がる姿がとてもいい感じ

今はただぶら下げてるだけですが、
この鞄の中に何かを入れておくことで、さらにオブジェとして魅力的にならないかと悩み中
ちなみに、この鞄は先日ブログで紹介した「椅子」を頂戴した
三軒茶屋のハタヨガ教室 沖中先生からのプレゼント

最初に頂戴したクラシックなミルも沖中先生から。
それがこちら

ミル

どれも、ず~っと前からこのお店に置いてあったようにしっくり馴染んで。
沖中先生、これからも大事に使わせていただきます

皆さま、当店にお越しの際にはこれらの魅力的なグッズも合わせてご覧ください。
時間とともに珈琲の香りや色がしみ込むことで、いい感じで色褪せて重厚感が増してきますので。
そんな、ゆっくりとした変化も楽しむ心のゆとりを常に持ちながら運営していければと

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

母の日ギフト

毎週土曜日に更新しているブログ。
通常であれば、土曜日の朝にはアップしているんですが・・・
今週はなんだかドタバタで時間がとれず、土曜日にお店の中でパソコンに向かっております。

本日は春らしいお天気で、テラスで珈琲を飲むお客さまも気持ち良さそう
店内のカウンター越しにお客さまが珈琲を飲んでる様子を
ちらっと眺めてる時間も何とも言えずいいものです。

さて、今週のブログは「母の日ギフト」と題してつらつらと
5月の第2日曜日が「母の日」ということで、2014年は5月11日(日)
ちょうど1ヶ月前となる本日から、たまじ珈琲でも「母の日ギフト」を販売開始することに
そのポップがこちら

母の日ギフト

母の日のギフトにかかせないものは、お花ですよね。
フラワーギフトもいろいろありますが、今回はブリザードフラワーにしたいなぁと思い、
西永福周辺でコラボしていただけそうなお店を探して見つけたのがこちら。

【フレンチスタイル プリザーブドフラワーギフト ciel bleu】
http://ciel-bleu2010.com/

ホームページを拝見し、ピンと来たので早速アプローチ
ありがたいことに、すぐにご返事いただけてコラボできることに
メールや店舗で相談を重ねること数度。
今回のギフトに合わせて完成したがのオリジナルのブリザードフラワー
柔らかい色合いで、感謝の気持ちがじんわりと伝わる感じがいい。

ブリザードフラワー

当初は、珈琲とブリザードフラワーの組み合わせによる
2種類のギフトを予定していましたが、ふと、ここに以前からコラボしている
荻窪の老舗焼き菓子店「プチグレース」さんのスノーボール
セットに加えてはと思い、最終的に全部で3種類のギフトになりました

【焼き菓子プチグレース】
http://www.todoland.co.jp/petit-grace.html

「母の日ギフト」のご注文は店舗でも、電話でも、メールでも承ります
ポップでは、珈琲は「たまじ春ブレンド/ドリップ」になっていますが、
お好みの珈琲に変更したり、ドリップを豆や挽に変更することもできますので、
お気軽にご相談ください。

今回のギフトで、ひとりでも多くのお客さまの笑顔が見れると幸せですね

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

いざ館山

2013年10月25日に店舗オープンし、もうすぐ半年。
たくさんの嬉しいこと、楽しいこと、トラブルが毎日のように発生したものの
改めて振り返ってみると、あっという間に過ぎ去った時間。

ふと高校時代に部活中心に過ごした日々を思い出す
一心不乱に物事に打ち込むと、体感的な時間はいつもとこんなに違うんだと
30年ぶりぐらいに実感。
良く言えば充実した日々、悪く言えばテンションが上がりすぎて
気持ちだけが前のめり、体はついてこれないアンバランスな状態
このままのペースでは、そのうち・・・。
ということで、たまこさんを連れて、千葉県館山市にバス散策でリフレッシュに

たまじ珈琲を販売いただく、ルピシア・ボンマルシェさんに試飲会へ行く関係で、
東京駅八重洲口初の高速バスで千葉に行く頻度が増加
このルート、便利さ、楽さ、価格、景色どれをとっても素晴らしい
今回もこのルートで行けるところで、館山をセレクト。

天気が良かったこともあり、散歩できるスポットを中心にセレクト。
まずはこちら

館山3

那古寺(なごじ)
寺伝によれば、行基が元正天皇の病気平癒を祈るためこの地を訪れ、
千手観世音菩薩を安置して祈願すると、天皇の病気は平癒し、
天皇の勅により建てられたのがこの寺とのこと。
<出展:Wikipedia-那古寺より>

こちらには軽い山登りと言えるような散歩道があり、
それを必死に上ること30分ほど。いきなり眼下に広がるのが館山の海。
晴天だったこともあり、富士山まで(小さくですが)くっきり見えて
苦労して上っただけに、ここで感じられる景色と空気は
まさに都会の喧騒を忘れさせてくれる癒し空間

次に訪れたのがこちら

館山2

大福寺(崖の観音)
船形山中腹にあり、断崖の途中にはりついたように観音堂が造られていることから
通称「崖の観音」と呼ばれているそうです。
どうやってあんなところに寺を作ったと思わず突っ込みたくなるような

当然のことながら、大福寺までの道のりは急な階段。
このスポットも、足腰がしっかりと鍛えられる最高のリフレッシュポイント
運動不足が気になっている皆さん、館山、おススメですよ

最後はこちら

館山1

大福寺から歩いて高速バス乗り場がある「枇杷倶楽部」に向かう途中にパチリ
寒くて長かった冬が終わり、春が近づいてきた3月末に早くも思いっきり春らしさを
感じさせてくれた花々たち。咲き乱れる花の色がお見事

お店と自宅を行ったり来たりの毎日の中で、
高速バスに飛び乗り、普段の生活から離れた今回のミニ旅行。
あっという間の時間でしたが、予想以上に心身はリフレッシュ
心地よい疲れから、帰りのバスは気持ちよく爆睡してあっという間に東京駅。

たまにはいいもんですね。

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

テーブルと椅子

3月も後半ですね。いよいよ春到来。
自宅近くの善福寺川緑地公園の桜も、徐々に色づき始めて。
こちらは3/24に撮影。

桜

昨年10月下旬に店舗をオープンしたこともあって、暖かい季節の営業は初体験
寒さを凌ぐためほとんど締め切っていた扉を大きく解放すると雰囲気が劇的に変化
店内とテラスの一体感が増し、珈琲を飲まれるお客さまとの距離がぐっと近づく。

ある土曜日の夕方。
テラスの気持ち良さを実際に体験してみようということで、
たまこさんと2杯の珈琲を淹れてテラスに着席
まだ、少し肌寒かったけれど、大きく解放されたドアから覗く店内は
これまでよりもぐっと近く感じられ、ボサノバも心地いい音量

この空間、妙に癒されるなぁと実感。

きっとお客さまも同じように感じ、気に入っていただける方も多いのでは
そう思った瞬間に大きな問題に気づく。それは椅子とテーブルの少なさ
テラスには作り付けのベンチがあり、大人4人が座るので精一杯。
お客さま用のテーブルは1つかないのでお客さまが2組になった瞬間にテーブルがない

Yahooオークション、家具屋さんのサイトなどを検索するも、
これと思える椅子やテーブルに出会えず。春は日に日に近づいてくるのに。
焦る気持ちを抑えつつ、納得できるものを探し続ける

そんな状況に幸運が舞い降りる。しかもほぼ同時に。

まずはテーブル
たまこさんの実家で使っていたものをお借りできることに
何を隠そうオープン時から使っている2つのテーブルは、
たまこさんの実家からお借りしているもの。
1つはお客さま用テーブル、もう1つはメニューなどを置くテーブルとして。
今回さらにもう1つをお借りし、合計3つに
デザインもまったく同じ折り畳みテーブルなので、お店にもピッタリ

次に椅子
たまこさんが通う三茶のヨガ教室の外に
何気なく置いてある椅子がイメージにぴったりという、たまこさん情報。
早速、自分も足を運び、その椅子を拝見

先生にどこで購入されたかなどを聞いて、それに近いものを購入しようと
思っていたところに、先生から「それ持っていっていいよ。」というお言葉。
そこまでは甘えられないと心の中で思いながらも、
この椅子をテラスに置いた雰囲気をイメージし、自分の中で葛藤、葛藤
どうしたら良いかと悩むこと数分。
先生のご厚意に甘えちゃいけないという気持ちは、
この椅子をテラスに置きたいという気持ちにあっさり敗北し、
「先生、ありがとうございます。お言葉に甘えます。」と発言する自分が・・・。

このお礼は別の機会に何かできっちりしよう
そう自分に言い聞かせ、自分の判断を一生懸命正当化

少し高さの異なる2つの椅子を抱え、田園都市線で渋谷、井の頭線で西永福駅へ。
暗くなってきた店舗に明かりを灯して椅子を置いたのがこちら

椅子

いま置いたばかりの椅子が、何年も前からここにあったような一体感
その椅子に座って、押し寄せる嬉しい気持ちを深呼吸しながら落ち着かせる。
次第に、ゆったりした気持ちとなり、妙にリラックス
普通の椅子よりも、気持ち低い高さが不思議な癒しを与えてくれるような。

これが最近起こった、テーブルと椅子の奇跡

ご来店いただくお客さま、テーブルと椅子がこのような奇跡で増えました。
より快適に過ごせるようになったテラス空間ができあがりましたので、
天気の良い日にこの空間での癒し時間をを是非お楽しみください

多くの方に支えられて、たまじ珈琲が運営できていることに心から感謝
感謝、感謝でが8回も登場した今週のブログはこのあたりで。

ではでは

モチベーション

珈琲屋になって6年
先日のこと、お客さまから素朴な質問なんですがという前置きのあとで・・・

「珈琲のお仕事をされていて良かったと思うのはどんな時ですか

という質問をされ、その場では思うことを回答したわけですが、
その日の晩に風呂に入りながら、なんだかモヤモヤするので、じっくりと考えなおしてみることに

お客さまにおいしいと言われたとき
お客さまにとって店舗という場所がいきたい場所になったとき
珈琲をとおしてお客さまとの距離が近づいたとき
珈琲という商品がお客さまの生活に良い影響を及ぼしたとき
たまこさん、スタッフがこの仕事を楽しい、充実していると言ってくれたとき など

どれも間違いなく良かったと思う事柄。言われて本当に嬉しい言葉ばかり
そこに共通しているものが何なのかを今回はじっくりと考えてみることに。

大別すると、が同じグループ。
が同じグループ。
が前述の2つと違ったグループ。つまり3つのグループに分類できそう。

は、
「自分たちで作る商品・空間をお客さまに認めらた」ことが嬉しい理由
真っ白なキャンパスに絵を描いて、それを褒められたり、認められたりするのと同じような感覚。
何かルールがあって、それに基づいて行う仕事とは異なり、
自分たちの感性、価値観、味覚などを信じて作り上げる達成感
さらにそれを認めてもらえたという満足感が遣り甲斐やモチベーションにつながっている。

は、
珈琲の販売をとおして、店舗を運営する我々の人となりがお客さまに伝わり、
心を開いてくれたお客さまは自然とご自分のことを語ってくださる
1回目、2回目、3回目と会う回数を重ねるごとに少しずつ情報が増え、距離が近くなる。
あるいは、珈琲をギフトで贈られたり、自宅で家族と飲まれたりすることで、
お客さまのまわりにいる方々に珈琲が届き、その方の生活に良い影響が生まれたり

良い影響の意味が分かりにくいので一例を

たまじ倶楽部で定期郵送をはじめられたお客さまから、
毎朝の珈琲で夫婦の会話が一層楽しくなったというメールをいただきました。
奥さまが、毎朝豆をミルで挽き、ハンドドリップして珈琲を淹れられる。
5分ほどかけて、香りを楽しみながら珈琲を淹れる時間は香りであったり、味の違いだったり、
どれが好みで、どれがいまいちかだったり・・・。そんな新たな会話が自然に生まれてくると

他のお客さまからは、珈琲を飲むと胃が痛くなると言って飲めなかったお母様が、
たまじ珈琲は雑味がなく、後味がさっぱりしているので砂糖もミルクもなしで飲めますよ

いずれのケースも、お客さまの向こう側にいらっしゃる、我々がお会いしたことのない方々が
珈琲でより深くつながったり、喜びがうまれたり。このようなメールをいただくたびに
嬉しくて、何度も何度も読み返すんです

なぜ、こんなに嬉しいんだろう

考えた末の結論は、我々がお会いした、お話ししたお客さまが、本当に幸せそうだったからかと。
そのお客さまの役に立てた気がしたから。
最初の達成感や満足感とは違った感動がそこにあるような

そして最後のは、
これまでの2つがあるからこそ、自分も、たまこさんも、スタッフも感じられることかと。
逆に、があるからこそ、これまでの2つを実現できているという想いも。

鶏と卵」なんて良く言いますが、まさにどっちが先かどっちが後かはわからないけど、
相互に深く関係して、ぐるぐる回っていくものではないかと

読み返してみると、何だか小難しくて、おかしなブログとなってしまいました。
読んでいただいた皆さま、ありがとうございます

将来、自分がこのブログを読み返したときに、いま感じてることを思い出せるように
敢えて文章を修正せず、書いたままにさせてもらいますね。

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

西永福(その1)

先週のブログ後半で、たまじ珈琲がある「西永福駅」を軽く紹介しましたので、
今週はこの街の魅力についてもう少し踏み込んで
ちなみに、たまじ珈琲は「西永福駅」から徒歩3分ですが、住所は「杉並区永福」なので、
まずは「永福」という地名の由来から

「永福」は、1522年に開創された「永福寺」という古寺の名前に由来する。
北条氏の家臣であった武士が、この寺の住職を頼ってこの地に身を寄せ、
永福寺の檀家となって村の開発に尽くしたと伝えられています。
記録には残っていませんが、その頃からこの一帯は「永福寺村」と
呼ばれるようになったという説があります。明治に入って「永福寺村」という
村名はなくなりましたが、「永福」の地名は残り、その西部に位置していた
ことから「西永福駅」という駅名が付けられました。

[出典] 京王ニュース よくばり散歩「西永福駅」より

西永福駅を中心に徒歩圏内を見渡すと目に飛び込んでくるのはこちら。

和田堀公園/善福寺川緑地
大宮八幡宮
高千穂大学

【和田堀公園】
ぐるりと深い緑に覆われた和田堀池を中心に、多くの生き物が生息する和田堀公園。
つり堀 武蔵野園」は自分が中学生だった頃に実家から歩いていける釣堀として
遊びに行った懐かしい思い出の遊び場。今から30年以上も前なのにその当時の雰囲気が
今も残っている空間。そこに足を踏み入れると、真夏のギラギラした太陽のしたで
蝉を追い掛け回す子供たちの姿を思い出す。甘酸っぱいですね。

【善福寺川緑地】
和田堀公園のまわりを囲むのが全長4.2kmの善福寺川緑地。綺麗な川が流れる横を
散歩すると、緑豊かな街に旅行へ来たような気分に。約20年ぶりとなる昨年4月に
この地に戻ってきてからは、散歩コースとして毎日のように利用中。
野球場、サッカー場、バスケットボールのゴールや公園ははもちろんのこと、
広い駐車場を完備したバーベキュー専用スペースまであって、花見のシーズンには
遠くから足を運ばれるお客さまも多く、とても賑やか。

【大宮八幡宮】
東京のへそ、子育・厄除八幡さまと称される「大宮八幡宮」。
毎年家族で初詣はもちろん、厄除などでお世話になっているお宮様。
閑静な住宅街の中に古き良き時代の重厚な雰囲気でどっしりと構える大宮八幡宮は、
行くたびに気持ちがすっと綺麗になるような、心地良い空間
昔から勝手にパワースポットと思っていたところ、本当にそうだったことを最近知った場所。
そもそも東京の重心「東京のへそ」だからこそパワーが集まるとか。
胎内回帰の出来る神秘的な場所を称えられ、そのパワーを求めて全国から参拝者が多数訪問

【高千穂大学】
高千穂とは、日本の建国神話に由来する日本人の心のふるさと、天孫降臨に象徴される
日本民族の精神的な発祥の聖地、すなわち日本人の精神的原点を指している言葉。
すぐ横に、東京のへそなる大宮八幡宮と、このあたりはパワーが集まっている場所なんですね。
高千穂大学は授業公開・公開講座も盛んで、自分の父も通学させてもらっている大学。
大学時代にもっと勉強しておけば良かったと思う方、この機会にぜひどうぞ。
かく言う自分もその一人で、大学時代にもう少し遊び時間を削って勉強しておけばと
猛省している今日この頃なので機会をみて参加するつもりです。

魅力満載の西永福は1回では紹介しきれませんので、
次回はグルメスポットを中心に紹介させていただきますね

大きな商店街はありませんが、個性あるこじんまりとしたお店が点在しており、
それぞれのお店を運営する方々も魅力的

店舗運営の仲間入りを果たしたことで、そういう方々ともお近づきになれてきたので
その目線で紹介させていただきますね
自分が実際に食べたお店、食べたグルメを紹介ますので、リアル情報な情報で

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

ホワイトデーギフト

3月になったというのに寒い日が続きますね
今年の冬は例年以上に寒さが厳しく、雪の降る日もしばしば。
そんな寒さ厳しい冬でも、自分は風邪を引かないという大記録を更新中
もともと寒さに弱く、冬ともなれば数回は風邪を引いていたこれまでと比べると
偉大なる記録に我ながら驚いているわけです
言うまでもなく、たまこさんをはじめ、日々支えてもらっている
家族や友人のお蔭なわけですが・・・

そんな寒さを吹き飛ばすべく、先週のブログで紹介した新製品を3月からスタート
さらに、今月は「ホワイトデー」ということで前回の「たまじバレンタインギフト」に続き、
たまじホワイトデーギフト」を販売開始しました
それがこちら

ホワイトデーギフト

ホワイトデーということで、今回は焼き菓子をセット。
コラボいただいたのは西永福の焼き菓子とパンのお店「ココペリ」さん。
当店から徒歩2分というアクセスの良さもあり
いちファンとしてちょくちょくパンや焼き菓子を購入していたお店なんです
焼き菓子の中身は以下の2種類。

ミックスクッキー(ココア&ココナッツクッキー/ナッツ入り)
メープルクッキー

甘さ控えめの素朴なクッキーでは食べ応え満点
いただいていると不思議と優しい気持ちになれるクッキーなんです。
そのクッキーにぴったりの珈琲を目指してブレンドしたのが「たまじ春ブレンド」。
モカの甘さが引き立つ優しいブレンド。
プレゼントされた女性が珈琲とクッキーで優しい気持ちになれるギフトというわけ

言うまでもなく3月14日までの期間限定販売なので
バレンタインのお返しをまだ決めていない殿方はお早めにご注文を(営業)
http://tamajicoffee.com/i-5

風邪の話しと同じで、ギフトコラボができるのも、そのお店の方々のご支援があるからこそ
私も、たまじ珈琲も、多くの方に支えれていることに心から感謝、感謝です

不思議なご縁で西永福という街に店舗をオープンしてもうすぐ半年。
大きな商店街ではないのでお店の数が多いわけではないけど、
キラリと光るお店との出会いがある街。

バレンタインギフトでご一緒した「フランスのチョコレート・ケーキ専門 CQL]さん。
http://www.cql.jp/

今回のホワイトデーギフトをご一緒している「ココペリ」さん。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13136672/

商品が魅力的なお店は、そのお店を運営する方々も魅力的
そんな方々との出会いも楽しみながら、お客さまが笑顔になるようなサプライズ商品を
西永福を中心に作り出せていけたらと思う

ブログを読みながら、西永福ってどこって思われている皆さん。
たまじ珈琲に遊びに来るついでに西永福散策を楽しんでくださいね。
善福寺川公園大宮八幡宮など緑と癒しスポットがいっぱいの魅力的な街ですよ。
次回のブログでは西永福の街についてもご紹介しますね

今週なこのあたりで。
ではでは

春の新製品

2014年も3月がスタート。
今年の冬は寒さが厳しかっただけに、春が待ち遠しいですね
ちらほらと春の日差しを感じられる日も増えてきたので、
春を先取りということで、本日から新製品を販売開始することに

今週のブログは「春の新製品」と題してつらつらと

最初は、たまじ春ブレンド(季節ブレンド)。こちらは先週のブログで触れたので割愛

次は、水出しアイスブレンド
水出しアイスは、お湯ではなく水でじっくりと珈琲を
抽出することで作り出される柔らかい味わいとスッとした切れ味が特徴
キリマンジャロをベースとしたブレンドと、ベトナムをベースとしたブレンドの2種類。
水出しアイスでもコクが欲しいというお客さまにはベトナムがおすすめ
作り方はこちらを参照。

水出しアイス

たまじ珈琲は日本一小さな自家焙煎店ですが、3名ほど座れるテラスのベンチが快適空間
春になれば、そこに座って珈琲を楽しむお客さまをイメージしながら
まだ肌寒い本日から水出しアイスを販売開始することに
ちなみに、自分が好きな飲み方はこちら

ベトナム水出し+牛乳+メープルシロップ

牛乳もそのままではなく、専用の機械で空気を入れて軽くホイップ状に。
メープルシロップのすっきりした奥深い甘さの中から、
ベトナムのしっかりした苦みとコクが顔を出す
水出しなのでゴクゴク飲めちゃいますが、何となくもったいなくて、
ちびりちびりと飲みたくなる味わいなんです
ぜひお試しを

新製品の最後が「自家焙煎ドリップ生珈琲」。
これまでもお湯とコーヒーカップだけあればOKのドリップ商品を販売していましたが、
今回新しい点は、それぞれのドリップを包装したこと(個包装)
商品イメージはこちら

ドリップ(個包装)

会社や旅行先など、外出先で自家焙煎のおいしいドリップを楽しまれたいお客さまに
ぴったりの商品に。すべて手作りなので、当面は1ヶ月あたり3,000個限定の商品。

今回ご紹介した「春の新製品」をとおしてお客さまに、
もうすぐ春だなぁと感じてもらえたら最高です。
商品へのご意見、お待ちしてます

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

たまじ春ブレンド

路面に雪が残っているのに違和感がなくなってきましたね。
東京でも今月に入って3度目の大雪を覚悟していた矢先、
回避された木曜日は何とも幸せな気持ちになりました
童心にかえって雪を純粋に楽しめたのは最初だけでした・・・

まだまだ寒さ厳しい2月ではありますが、そろそろ春の話題もということで。
今週のブログは「たまじ春ブレンド」と題してつらつらと

たまじ珈琲では3ヶ月単位で季節の名前をつけたブレンドを販売しています。

3月~5月:たまじ春ブレンド
6月~8月:たまじ夏ブレンド
9月~11月:たまじ秋ブレンド
12月~2月:たまじ冬ブレンド

というわけで、現在販売している「たまじ冬ブレンド」は残り1週間足らず。
来週の土曜日からは「たまじ春ブレンド」を販売開始するというわけです

ちなみに、それぞれのブレンドは以下のような特長をイメージしながら作ってます

春ブレンド:あっさり(甘く・爽やか)
夏ブレンド:しっかり(苦み・切れの良い後味)
秋ブレンド:あっさり(綺麗な酸味・程よいコク)
冬ブレンド:しっかり(苦み・深いコク)

季節ブレンドが変わったことを感じてもらいやすいように、
基本的には「あっさり」と「しっかり」を繰り返すパターンで。
その上で、それぞれの季節感にあった味わいを出せるようにがコンセプト

さて、3月から販売開始する「たまじ春ブレンド」。
現在、いろいろと試行錯誤中ですが、なんといっても「甘さ」を重視
ストレートの珈琲に甘さってと思われる方も多いかもしれませんが、
甘味料を入れなくても、珈琲豆そのものがもつ「甘さ」があるんです

代表的なのはエチオピア産のモカと呼ばれる珈琲。
たまじ珈琲で扱っているモカも気持ち浅めの焙煎をすると
その豆を挽いた時の香りは思わず目を閉じてにんまりしてしまうような甘く魅力的なものに
これに春らしい爽やかさを加えて、春らしいブレンドに。

もう少しのところまできているので、残り1週間、いろいろと試行錯誤を
こんな風にして生まれてくる「たまじ春ブレンド」。皆さま、どうかお楽しみに
お店にお越しの際には是非ともお試しください。

冬が厳しかっただけに、心から春が待ち遠しいですね

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

たまじグッズ

2014年も、あっという間に1月が終わり、2月も半ば。
昨日は理由もなくそわそわするバレンタインデーの14日
気合いの入ったプレゼントをされる女性にとってはドキドキの1日になりそうですね
たまじ珈琲の「バレンタインギフト」が受け取る男性の気持ちを
鷲づかみにすることを祈りつつ・・・。
学生時代にチョコレートをもらってキュンとした気持ちが懐かしい。

さて、今週のブログは「たまじグッズ」と題してつらつらと
運営開始して6年目に突入している、たまじ珈琲ではこれまでにもグッズなるものを
思いつくたびに作ってきました。例えば、本に挟む栞(しおり)とか、バッチとか
作ってきた目的は、たまじ珈琲を購入いただいたお客さまへのプレゼントであったり、
イベントとかで知名度アップの販促品であったり

そんな中で初めて「販売」を目的としたグッズを作ってみました
それがこちら

バッチ

たまじキーホールダー」。

旅行先のお土産物屋さんに必ず売っているご当地キャラなどのキーホールダー。
べただなぁ~と思われた方も多いと思いますが・・・。
たまじキーホルダーはちょっと違う
300円という値段をつけてますが、利益度外視
この写真では分かりにくかもしれませんが、金具部分はアンティーク調の金具を使用
たまじのキャラ部分は木材から切り出し、デザインを刻印で。
アンティーク調の金具と木なので使えば使うほど味わいがでるかと

なんて自慢げに紹介してますが、裏話をしますと・・・。
実はこのグッズ、販売しようと自分たちで企画して作ったものではないんです
生豆を保管している木箱を製作いただいた方がプレゼントしてくれたもの。

[ハンドメイド ナチュラル雑貨 CraftHandsGallery]
http://www.chg-store.com/

木箱が納品された際に、プレゼントとして同封されていたものに一目惚れ
どうやら余っていた金具と木で製作いただいたようで、
正式に注文したいとお願いしたところ数量限定で応じていただけたというわけなんです。

こんな背景で生まれたグッズ、数が少ないことと、1個あたりの製作費が安くないこともあり、
これまでのグッズのようにプレゼントするというのも厳しいということで販売することに
(こちらのお店、長野県にあるんですが一度は伺って、製作いただいた方々にお会いできればと
思ってます。使い勝手が良くて、温かみを感じる商品なので興味ある方は
チェックしてみてくださいね。)

お土産としては、ありきたりのキーホルダー。
「たまじキーホルダー」は一度手にしていただくと、ハンドメイドの温もり
写真では伝わらない重厚感が感じらますよ。

販売開始してから数日。
まだ一つも売れてませんが、(繰り返しになりますが)数量限定ですので、
このブログを読まれて欲しくなった方は、オーナーまでご一報を
ちなみに金額は写真にあるとおり、300円/個です。

今週のブログはこのあたりで。
ではでは

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 36