sたまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。

ハワイコナ

師走の忙しさに感けて、2週間ほどブログを休んでしまいました。
こういう時期もあるということで、ご容赦ください

さて、久々のブログ、来週から2015年ということでお正月らしいネタをつらつらと

世界的に品薄になっているブルーマウンテン
たまじでも、だれもが知っている高級な珈琲をラインアップに加えようということで
オープン時に選んだのがブルーマウンテンNo.1。
今年の秋ぐらいから手に入らなくなるのが分かっていたので、どうしたものかと悩んだ末
取り扱いを開始したのが「ハワイコナ
いわずとしれた「コナコーヒー」。

ここで「コナコーヒー」を初めて聞く方にウィキペディア情報


アメリカ合衆国のハワイ州のハワイ島西岸のコナコーストで
主に栽培されているコーヒー
の総称。アメリカ合衆国の州では、
ハワイ州がコーヒーを商業ベースで生産している唯一の州であり、
ホワイトハウスでもコナコーヒーが使われることもある。
嫌味のない酸味を持つ。ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われる。

いくつか高級グループの珈琲を試焙煎・試飲した結果、これがダントツ1位
12月のお歳暮・クリスマス・年末年始にとりあえず3kg仕入れたのが11月末。

100gで1,680円ということで、特別な時に飲む珈琲。
よって、最初はなかなか注文をもらえず
12月に入ると、ギフトとして贈る方がちらほら。
それを機に徐々に飲んでもらう機会が増えると、リピーターもちらほら
ハワイコナならではの香りと味わいを実感してもらうと
値段以上の価値があることも伝わって。

そんなこともあり、調子に乗って年末年始向けのメッセージを
黒板に書いてみたのがこちら

ハワイコナ

100gで1,680円。1杯あたり10g使うとすれば168円。
100円でそれなりの珈琲飲める時代に珈琲の豆だけで168円は高い
それは事実。珈琲は嗜好品。値段が高ければ万人に美味しいというわけでもない。
インスタントコーヒーが好きな人にとっては、それが一番だから。

あるお客さまとの会話。
お酒も飲まない、ゴルフや釣りなどの趣味もない、珈琲だけが趣味。
ハワイコナを1週間に200g買う。つまり、3,360円。1ヶ月で13,440円

「たまじさん、珈琲って安い趣味だと思うんだけど、どうかな

これも事実。どう捉えるかで違うものですね

紅白

こちらは、お客さまからいただいた「梅花はんぺん」。
来週に迎える正月を前に、ピッタリの商品なのでお澄ましに

おいしくいただきました。

2014年も残すところ、あとわずか。
1日1日を大切に過ごして、2015年を迎えることに

今年もブログを読んでいただいた皆さま、ありがとうございました
来年もよろしくお願いします。

今週のブログはこのあたりで。
ではでは