sたまじのつらつら記 「ゆっくり・ゆったり」コンセプトとしたたまじブログ。

いざ館山

2013年10月25日に店舗オープンし、もうすぐ半年。
たくさんの嬉しいこと、楽しいこと、トラブルが毎日のように発生したものの
改めて振り返ってみると、あっという間に過ぎ去った時間。

ふと高校時代に部活中心に過ごした日々を思い出す
一心不乱に物事に打ち込むと、体感的な時間はいつもとこんなに違うんだと
30年ぶりぐらいに実感。
良く言えば充実した日々、悪く言えばテンションが上がりすぎて
気持ちだけが前のめり、体はついてこれないアンバランスな状態
このままのペースでは、そのうち・・・。
ということで、たまこさんを連れて、千葉県館山市にバス散策でリフレッシュに

たまじ珈琲を販売いただく、ルピシア・ボンマルシェさんに試飲会へ行く関係で、
東京駅八重洲口初の高速バスで千葉に行く頻度が増加
このルート、便利さ、楽さ、価格、景色どれをとっても素晴らしい
今回もこのルートで行けるところで、館山をセレクト。

天気が良かったこともあり、散歩できるスポットを中心にセレクト。
まずはこちら

館山3

那古寺(なごじ)
寺伝によれば、行基が元正天皇の病気平癒を祈るためこの地を訪れ、
千手観世音菩薩を安置して祈願すると、天皇の病気は平癒し、
天皇の勅により建てられたのがこの寺とのこと。
<出展:Wikipedia-那古寺より>

こちらには軽い山登りと言えるような散歩道があり、
それを必死に上ること30分ほど。いきなり眼下に広がるのが館山の海。
晴天だったこともあり、富士山まで(小さくですが)くっきり見えて
苦労して上っただけに、ここで感じられる景色と空気は
まさに都会の喧騒を忘れさせてくれる癒し空間

次に訪れたのがこちら

館山2

大福寺(崖の観音)
船形山中腹にあり、断崖の途中にはりついたように観音堂が造られていることから
通称「崖の観音」と呼ばれているそうです。
どうやってあんなところに寺を作ったと思わず突っ込みたくなるような

当然のことながら、大福寺までの道のりは急な階段。
このスポットも、足腰がしっかりと鍛えられる最高のリフレッシュポイント
運動不足が気になっている皆さん、館山、おススメですよ

最後はこちら

館山1

大福寺から歩いて高速バス乗り場がある「枇杷倶楽部」に向かう途中にパチリ
寒くて長かった冬が終わり、春が近づいてきた3月末に早くも思いっきり春らしさを
感じさせてくれた花々たち。咲き乱れる花の色がお見事

お店と自宅を行ったり来たりの毎日の中で、
高速バスに飛び乗り、普段の生活から離れた今回のミニ旅行。
あっという間の時間でしたが、予想以上に心身はリフレッシュ
心地よい疲れから、帰りのバスは気持ちよく爆睡してあっという間に東京駅。

たまにはいいもんですね。

今週のブログはこのあたりで。
ではでは